変形性膝関節症はウソのように軽くなります【これぞサプリの恩恵】

中高年以上の膝の痛み

男女

サプリメントで予防を

中高年に差し掛かると身体のあちこちに何らかの問題を抱えることが多くなりますが、膝の痛みというのもその一つです。こういった膝の痛みの多くは変形性膝関節症だとされています。これを防ぐのに効果的だとされているのが、ヒアルロン酸・コンドロイチン・グルコサミンといったサプリメントです。ヒアルロン酸は美容成分としても知られていますが、優れた保水力によって膝のクッションとして働いてくれます。コンドロイチンにはそんなをヒアルロン酸を作り出す働きがあるのです。グルコサミンには炎症を抑えると共に軟骨を修復する働きがあり、変形性膝関節症の痛みを緩和する力があります。また、軽い運動やストレッチを行うことでも変形性膝関節症を予防することが出来ます。

加齢や肥満がその原因に

膝が痛み伸ばしたり曲げたりといった行動が出来なくなってしまった場合、それは変形性膝関節症であるおとが疑われます。変形性膝関節症は加齢や肥満などによって膝の軟骨がすり減ってしまい、骨が変形して痛みを生じる病気です。男性よりも女性に多く見られる病気であり、特に50歳以上になると患者数が増加します。初期の段階であれば膝が痛くて正座するのが辛いといった程度ですが、症状が進行してしまうと歩くことも困難になってしまいます。薬で痛みを緩和したり、温熱療法や運動療法によって治療が行われます。場合によっては人工関節置換術を行うこともあります。変形性膝関節症と診断された人の多くは肥満とも診断されており、そういった人の場合はダイエットするのが治療に効果的です。